主婦でも借りられるカードローンとは

MENU

・時事情報

リオ五輪 レスリング女子代表合宿始まる

稀勢の里 香川で部屋の合宿

卓球 荻村杯 中国勢が全種目で優勝

ヤンキース田中 8回1失点で4勝目

ロシア五輪選手委がIOC会長に書簡

サッカー日本代表 宇佐美 独1部アウクスブルクに移籍

青木が田澤からヒット イチローは代打で四球

冠婚葬祭や子供の学費など、当座のお金が足りなくなるときはよくあります。

そんな時に役立つのはカードローンですが、なんとなく審査が厳しく主婦が利用するのが難しいイメージがあります。 しかし、主婦でも安心して利用できるカードローンがあるんです。

パートやアルバイトでも借りられるカードローン

パートの仕事

カードローンに申込むと、審査をして融資可能かどうか判断されます。 公務員や一般企業の正社員だと信頼度が高く審査面でも有利になります。

しかし、パートやアルバイト、派遣社員でも毎月の収入が安定しているなら、カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。 パートやアルバイトにも積極的に融資を行っている金融機関があるので、そのようなところを利用するといいでしょう。

専業主婦は借金ができない?

カードローンの申込条件は、安定した収入があるということです。 専業主婦でも家賃収入がある人なら、カードローンの利用もできる可能性があります。 以前は特に収入が無い専業主婦でも、結構簡単に借りられたものです。 しかし、現在は年収の3分の1まで借入を制限する総量規制があるため、収入がない人の借入はできなくなっています。

自らの収入が無い専業主婦でも、夫の収入さえ安定していれば配偶者貸付制度を利用するという方法があります。 配偶者貸付制度は夫婦の収入を合算した上で審査をする方法のことです。 しかし、この制度を利用するには配偶者の同意書や婚姻関係が証明できる書類など提出するものが多く、面倒です。

そのため、ほとんどの消費者金融では、専業主婦の借入を断ってしまいます。

銀行のカードローンなら安心

専業主婦はお金が足りなくなったら知人から借りる以外の方法はないように思えますが、実はそうではありません。 総量規制も面倒な配偶者貸付も気にすることなく、専業主婦が利用できるカードローンが存在します。 それが銀行のカードローンです。

銀行は貸金業ではないため、総量規制に縛られることはありません。 実際に三菱東京UFJ銀行や楽天銀行は、専業主婦でも借りられるカードローンが人気です。 特に夫の同意書を用意する必要もないので、家族に心配掛けずに家計をやりくりすることができます。

しかも銀行のカードローンは非常に低金利で、他の高金利ローンから借り換えするのにも最適です。 ほんの一部ではありますが専業主婦でも借りられるところがあるので、ピンチの時には利用するのもいいのではないでしょうか。