借金一本化は本当にお得?

MENU

・時事情報

リハビリを支援するロボット トヨタが開発

熊本 災害公営住宅の入居申し込み 初めて西原村で開始

樹齢600年のしだれ桜が見頃 埼玉 秩父

ハマの番長 三浦大輔さんのモニュメント設置 横浜

火星の2つの衛星に探査機 日仏で挑戦へ

浅草寺 五重塔改修 東日本大震災で落下の「宝珠」設置

熊本地震から1年 熊本城の復旧工事続く

複数ある借金は、管理するのも大変です。

そんな場合は複数の借入を一本化する方法がありますが、必ずしもまとめる前よりお得になるとは限らないので、慎重に計画する必要があります。

借金一本化は減らすのを前提に

1万円の札束

借金一本化のメリットとしては、以下の項目が挙げられます。

  • 複数の借入をまとめ、返済日も同じにできる、だから管理が楽
  • 月々の支払額を低く抑えることも可能

一見するといいことばかりのように思えますが、ただ借入先をまとめただけで借金が減ったわけでは無いことを忘れてはいけません。

一つにまとめたことで月々の支払額を抑えることができても、完済するまでの支払い額を総額してみて多くなるようでは意味がないのです。 金利を低くし、尚且つ完済までの支払い総額が低くなるような返済計画を立てなくてはいけません。

余裕ができたと勘違いしない

月々の支払額と借入先の数が減ることにより、精神的な負担が減るのも借金一本化の大きなメリットです。

しかし、だからといって家計に余裕ができたと勘違いしてはいけません。 借金を減らすことができたと気持ちに余裕ができることで、お金の使い方が緩くなってしまう人も多いものです。 そうなると結局はまた新たな借金をしてしまう羽目になり、結果的に債務が膨れ上がってしまいます。

せっかく借金を減らすために一本化したのに、新たな借入をしてしまったら本末転倒です。 借金一本化は決して債務を減らす手段ではなく、新しく返済計画を立て直すためのひとつの手段と考えなくてはいけません。

おまとめローンは審査が厳しい

銀行のおまとめローンはかなり低金利なものが多く、カードローンやキャッシングをまとめるのに最適な商品です。 しかし、おまとめローンを利用するには当然ながら審査に通らなくてはいけません。

低金利で額の大きい借入は、それだけ審査基準が厳しくなります。 パート主婦や派遣社員のように属性に乏しい状態の人は、審査に通るのが難しいのです。 立て続けに申込んでも結果は同じなので、落ちてしまうことが分かればおまとめローンではなく今の借入をひとつでも少なくできるように努力しましょう。

また、おまとめローンも難しい、低金利のローンへの借入も無理、現状での返済もこの先続けられる見込みが無いというなら、債務整理を検討しなくてはいけません。 債務整理も社会的信用が落ちるなどデメリットはありますが、現実をよく見詰め直した上で債務整理しか無いことが分かれば、思い切って判断するのも大事なことです。